・・・ 出来上がりの図を想定し、糸を染めて織ったもの。
絣(昔は加寿利といわれていました。)
起源はインド・中央アジア・東アジアあたりと言われています。
かすりが一般に普及したのは江戸時代で、特に幕末から明治にかけて最も図柄、染色の技術が進展し、驚くほど多くの種類があります。
久留米絣・伊予絣・横手絣(蚊絣・書生絣・雪絣・アラレ絣 等)

閉じる


Copyright いのうえ All Rights Reserverd.